吉池隆真君 奨励会12/2例会の結果

12月から始めた期間限定バイト。

12/2、3、4、5とデビューいきなりの連続勤務で疲れ果てて、吉池君の結果も気になりつつ、羽生さんの第5局の状況すら情報を得る余裕もない始末(>_<)
本来なら、永世竜王資格取得・永世七冠達成ぢゃ〜という、もう自分史上最高のお祭り気分のはずが…か、からだが言うことを聞きませぬ。

さて、1週間遅れですが、吉池君の結果です。12/2は2局でした。

《1級昇級後の成績》


2017年5月27日の2局目に勝って1級に昇級。同日3局目からの成績。
12/2の2局の結果を加えたのがコレ。
○●○●○●●●●●○●○○○●○●●●○●●○
○●●●●○●○○●○●○

                                
      ↑ ↑

 

※1級~5級は6連勝・9勝3敗・11勝4敗・13勝5敗・15勝6敗で昇級。
  2勝8敗でB。Bのまま2勝8敗で降段級。3勝3敗でAに復帰。


 

次は12/17です。体調に気をつけて、頑張れー٩( 'ω' )و

 

※参考データ

《2級時代の成績》


2016年7月2日の3局目に勝って2級に昇級。7/19から2017年5月27日2局目まで
●○●●○●●●●○●○●○●○○○●○○○●●○●○●○
●●○●○○●●○●●○○●○●●○●○○○○●○○●○○


                                                              ↑ 9勝3敗で1級に昇級㊗️

 

吉池隆真君 奨励会11/25例会の結果

羽生さんが第4局に勝利してウキャー(≧∀≦)ってなってますが、吉池君の結果のチェックも怠ってはなりませぬゾ。



《1級昇級後の成績》


2017年5月27日の2局目に勝って1級に昇級。同日3局目からの成績。


11/25の3局の結果を加えたのがコレ。
○●○●○●●●●●○●○○○●○●●●○●●○○●●●●○●○○●○

                                                                                                       
     ↑ ↑ ↑


※1級~5級は6連勝・9勝3敗・11勝4敗・13勝5敗・15勝6敗で昇級。
  2勝8敗でB。Bのまま2勝8敗で降段級。3勝3敗でAに復帰。


 

前回に続き2勝1敗でしたね。少しずつ調子を上げてきているのかな。

次は12/2です。頑張れー٩( 'ω' )و

 

※参考データ

《2級時代の成績》


2016年7月2日の3局目に勝って2級に昇級。7/19から2017年5月27日2局目まで
●○●●○●●●●○●○●○●○○○●○○○●●○●○●○
●●○●○○●●○●●○○●○●●○●○○○○●○○●○○


                                                              ↑ 9勝3敗で1級に昇級㊗️

 

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』観ました!

たぶん、ツイッターのプローモーションのせいで「『猿の惑星』を観なければ!」と強く刷り込まれてしまったのだと思う。

 

猿の惑星:創世記ジェネシス)』は、劇場で観たのかテレビで放映されたのを観たのか、記憶がおぼろげ。『猿の惑星:新世紀(ライジング)』は観ていない、ってか、いつの間にかやってたのだね。
まずは、この2作品をきちんと観てからじゃないとね。ってわけで、Amazonビデオで観ましたよ。

 

ウィルスを用いた認知症治療薬の動物実験によって高い知能を得たエイプを母として産まれたシーザー。彼がエイプ達を酷い目に遭わせる人間から仲間を解放するまでが『創世記』。シーザーはムチャクチャ賢いし、リーダーシップもある。

 

ウィルスは世界中に拡散し、免疫を持たない人間は次々と死んでしまう。人間同士の醜い争いもあり、文明社会は崩壊した。エイプ達は森の奥で暮らしていたが、ひょんなことから人間の生き残りと遭遇してしまう。人間に愛されて育ったシーザーは(大きくなってから人間に酷い目にも遭ったのだけれど)、人間にもイイ人がいるって知っているし、できれば戦いたくない。一方で、仲間の中にはコバのように人間が大っ嫌いで好戦的なエイプもいる。エイプはエイプを殺さない!という掟を自らに課しながら、仲間を率い、人間との共存の道を模索するシーザーであったが、コバが起こしたクーデターで暗殺され(しかし、一命はとりとめた)、人間との戦いの火蓋が切って落とされる。ここまでが『新世紀』。

 

で、シーザーのことが好きになりましたね。
エイプはエイプを殺さない…
人間に聞かせてやりたい言葉ですな、ホント。

 

予習はバッチリ!先月、張り切って観に行きました。

 

結局は自らの手でコバを殺さざるを得なかったシーザーが仲間達と共に山奥に引きこもってから何年か後の話が、この『聖戦記』。エイプのリーダーを抹殺しようと、シーザーを探すアメリカ軍隊の生き残り。隠れ家が見つかり、妻と息子の命が奪われたシーザーは、私憤によって仲間たちを危険に巻き込めないと、ごく少数の仲間と人間側の将軍を探す…

いやー、シーザーがカッコいい。聡明さ、リーダーとしての責任感の強さ、家族への愛の深さ…どこをとってもそこらへんのフツーの人間より素晴らしい。
上司にしたいナンバーワン、父親にしたいナンバーワン、その他諸々のナンバーワンを獲得しますよ。日本においては、総理大臣に是非!ですよ。

あ、あと、オランウータンのモーリスもいい味を出していて、好きです。

 

吉池隆真君 奨励会11/3例会の結果

前回の記事で、10/15の結果を●●としていたが、誤り。正しくは●●●でした。


《1級昇級後の成績》


2017年5月27日の2局目に勝って1級に昇級。同日3局目からの成績。


11/3の3局の結果を加えたのがコレ。
○●○●○●●●●●○●○○○●○●●●○●●○○●●●●○●○


                                                                                                   ↑ ↑ ↑

 ※1級~5級は6連勝・9勝3敗・11勝4敗・13勝5敗・15勝6敗で昇級。
   2勝8敗でB。Bのまま2勝8敗で降段級。3勝3敗でAに復帰。



うーむ。なかなか厳しいのだね。

次は11/25。頑張れー٩( 'ω' )و

 

※参考データ

《2級時代の成績》


2016年7月2日の3局目に勝って2級に昇級。7/19から2017年5月27日2局目まで
●○●●○●●●●○●○●○●○○○●○○○●●○●○●○
●●○●○○●●○●●○○●○●●○●○○○○●○○●○○


                                                              ↑ 9勝3敗で1級に昇級㊗️

吉池隆真君 奨励会10/15例会の結果

台風21号は温帯低気圧に変わりました。そして、相変わらず吉池隆真君を一人で地味に応援していますゾ!

次は10/21だと思っていたが、10/15だったのか。確認が遅くなってしまった。

1級に上がって5ヶ月になるけれど、吉池君の調子はどうなんだろう?


《1級昇級後の成績》


2017年5月27日の2局目に勝って1級に昇級。同日3局目からの成績。
10/15の2局の結果を加えたのがコレ。
○●○●○●●●●●○●○○○●○●●●○●●○○●●●


                                                          ↑↑

※1級~5級は6連勝・9勝3敗・11勝4敗・13勝5敗・15勝6敗で昇級。
  2勝8敗でB。Bのまま2勝8敗で降段級。3勝3敗でAに復帰。


 

今回の対局相手の岩松君は、去年の7月に6級でスタートし、先日10/1の例会の1局目を勝って3級に上がってきた子だ。吉池君の一つ上の中学2年生だと思う。

実は、小学生名人戦で優勝したのをNHKの放送で観ていて、すごく印象に残っていた。とてもかわいい少年。準優勝や3位の子たちが皆「プロ棋士になりたい」と言ったのに、岩松君は、プロを目指すかわからないというようなことを言ったんだよね。

www.shogi.or.jp

 

次は11/3。頑張れー٩( 'ω' )و

 

※参考データ

《2級時代の成績》


2016年7月2日の3局目に勝って2級に昇級。7/19から2017年5月27日2局目まで
●○●●○●●●●○●○●○●○○○●○○○●●○●○●○
●●○●○○●●○●●○○●○●●○●○○○○●○○●○○


                                                              ↑ 9勝3敗で1級に昇級㊗️

 

竜王戦第1局 羽生さん勝ちました(*´꒳`*)

この寒さはいったいナニ?毎日ずーっと雨だし?

そんな中、竜王戦第1局前夜祭に行ってまいりましたゾ。東京でのタイトル戦は貴重。

今回は「竜王戦プレミアム」という、対局開始前後や休憩後の対局再開などを対局場(なんと能楽堂)で観戦する企画があったが、自分は前夜祭のみの参加。対局の2日間は自宅で応援したよ。

 

《つい先ごろ棋聖就位式も行われたセルリアンタワーのボールルーム》

f:id:gockie:20171022083456j:plain

 

主催者の挨拶と乾杯が終わって、ステージから降りてきた羽生さんがイキナリ自分がいる一番端っこのテーブルに近寄ってきて、目の前の人とお話を始めたよ。

ウホッ?アレもしかしてここから列が始めるのか?ここが先頭なのか?次の次あたりに自分に順番がクルーーーヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

はあああ…結局、羽生さんには「明日から、頑張ってくださいッ!」などと、月並みなことしか言えなかったぁ(´・ω・`)

 

これまでに参加した棋聖就位式などは、ステージ前のテーブルは正しい羽生さんファンの方々に囲まれていて、ギリギリに到着するような正しくない羽生さんファンである自分は端っこのテーブルになんとか潜り込むって感じだったのだ。ご歓談タイムにステージを降りてきた羽生さんは、中央のテーブルに歩み寄り、顔なじみのファンの方々と談笑し写真に収まり、そこから長〜い列ができるわけだ。

最初の頃は勝手がわからず、ブフェのお料理の列に加わるか羽生さんの列に並ぶか迷ってウロウロして、時間を無駄にしておった。最近は、「ご歓談タイムだからといって何か食べようと思っちゃダメ!」と悟っている。

 

今回はギリギリの到着が幸いした。羽生さんが端っこのテーブルに来てくれたのは、中央は渡辺竜王が行くからってことだったんだね。いや〜驚きましたね。長蛇の列を尻目に、早々とご馳走をいただくことができましたゾ。

でも、なにぶん見知った方もいないボッチな自分です。ひたすらモグモグしながら、他の方の邪魔にならぬよう、ぶつからぬよう、壁の方ににじり寄っていきましたよね。

で、そこには藤井猛九段が、ファンの方?関係者?とお話ししてまして。途中で割って入って、アッ藤井先生!いつも応援してますゥとか言うこともできず、バカみたいに隣に突っ立ってモグモグしておりました。

そこへ、一人、藤井先生に声をかけてきた方が。写真を撮らせてくださいと言っているのを聞きつけて、すかさず「わたしが撮りましょうか?」と言いましたね。

はい。それをきっかけに、自分も一緒に写真を撮らせていただきましたよ。

 

《写真撮影のために、右側、正面、左側と、ポーズをとってくれた両対局者》

f:id:gockie:20171022084322j:plain

 

《対局者が退場した後は、島さんと太地さんのトーク

f:id:gockie:20171022084528j:plain

 

ステージを降りてきた太地先生は、またもや自分のいる端っこのテーブル近くに!

おお!チャンス!

「この度はおめでとうございます。」とお伝えしました。続けて、かつて名人戦の前夜祭で、B2に昇級したばかりの太地先生にお祝いを申し上げた際に、太地先生が「やっとです。」とおっしゃったこと、そこから大活躍なさっている姿を応援してきたことをお伝えしましたね。

さらに、バカ正直に、こうも言いました。実は羽生さんのファンであると。太地先生は、ふぁっ?って顔をなさったですよ。そりゃそうですよ。

で、自分は羽生さんファンであるが、太地先生のことも応援していて、王座戦では自分の心が二つに引き裂かれた…と加えたら、苦笑いしつつも「そーですよね。将棋ファンの方ってこういうことになりますよね。今回(竜王戦)は(羽生さんだけを)応援しましょうね!」とおっしゃいましたよ。

太地先生、失礼なこと言ってすみませんでした。

 

《記念扇子》

f:id:gockie:20171022084858j:plain

 

さてさて、第1局は1日目も2日目も、ほぼほぼPCにかじりついて観戦しておりました。羽生さんが振り駒で先手をひいて、相掛かりの戦いに。

もー眼圧とかおかしくなるんじゃね?ってくらいPCの画面を凝視し、時々、手を合わせ、また、渋谷の方に向かって気を送りましたね。ほぼ生き霊です。

 

まずは1勝!よかったです(*´꒳`*)

王座戦と棋聖就位式

何を隠そう、先月、受験生(中3)をほったらかして就位式に出席してしまった。

 

棋聖就位式は3年連続3回目。ありがたいことです。

 

相変わらず写真撮影がへたデス(>_<)

f:id:gockie:20171012001059j:plain

謝辞

腰を折って受け取ってたのが微笑ましい(*´∀`*)

f:id:gockie:20171012001319j:plain

かわいいお嬢ちゃん達から花たば贈呈

真面目な部(就位式)の後は、ファンとの触れ合いの部。ステージからフロアに降りてきた羽生さんの周りにはたちどころに人垣ができた。これは羽生さんとお話ししたり写真を撮ったりしたい人たちなのか?この人たちの近くにいればいいのか?どーなのか?と思っていたら、サプライズ!

そう。この日は羽生さんの誕生日。フルーツがたっぷりのケーキが登場したよ。

f:id:gockie:20171012002713j:plain

ウティ(森内さん)による乾杯のご発声


再びステージに上がった羽生さんがローソクの火を消すところを撮影しようと、目の前の人垣がそのままステージ前に移動したもんだから、ますます、これは、ここにこのままいればいいものなのか?とわからなくなった。

 

サプライズ企画が終わって、フロアに戻ってきた羽生さんの前に、いくぶん秩序を取り戻したテイで列らしきものが形成された。

ここですね、ここに並べばいいんですね?

羽生さんは乾杯でビールにちょっと口をつけた以外は何も口に入れず、ずーーーと立ちっぱなしなんですよ。だから、一人でも少ない方が負担にならないかな、プレゼントは受付に預けようかな…って迷うんだな。

でも、はい、並びましたとも。羽生さん同様、全く飲んだり食べたりせずに並んでいましたとも。次の一手クイズの正解発表と抽選の後、少ししてお開きのアナウンスがあって、でも、まだ誰も帰ろうとせず、自分もあと少しあと少し!と並び続けましたゾ。

 

去年に続き、本を贈らせてもらった。興味がない・時間がない、あるいは他人がチョイスした本は読む気がしない、ってこともあるので、迷惑なら棄て置いてくれても全然OK。ただ、iPS細胞やAIなど、対談相手の研究内容や講演のテーマとは関係ない分野で「へー、そーなんですかぁ。面白いですね。」程度の軽い読書をしていただけたらなぁという思いで、選びに選んだ本2冊だ。もし読んでくれたら嬉しいなぁ。

「今年もお祝いに伺えて光栄です。厳しいスケジュールなのでご自愛ください。」という趣旨のお手紙を添えて渡した。王座戦の最中ですが…と言いかけたら、「ハイ。まだ、これからです。」と力強くおっしゃったので、そうだそうだ2連敗してたって羽生さんはゼーンゼンッ諦めてないんだからねᕦ(ò_óˇ)ᕤと嬉しくなったよ。で、その後、1勝を返したゼイ!

 

 

さて、王座戦第4局。ここで勝ってイーブンとしてほしい!と全力応援したけれど、太地先生が見事に勝利し、羽生さんは人生の半分以上を占めていた王座を失冠(>_<)

悲しいっス。

自分が羽生さんを応援し始めた頃は4冠で、去年は名人を失ってもまだ3冠だったのが、今年は王位、王座と続けて失い、1冠に。

いや、1冠が悲しいんじゃないんですよ。どの対局でも負ければ悲しいのぢゃ!たとえイベントの席上対局であっても勝てば嬉しいのぢゃ!

負けが続くと、疲れているのかな?とか、若い頃とは頭のキレが違ってしまって勉強・研究が自身の理想とする深さに達していないのかな?とか、棋力向上への執念がなくなってしまったのかな?とか、仕事を入れすぎ?とか、シロートの部外者のくせにアーデモナイコーデモナイと考えるわけですよ。

で、アホか自分は?ナニサマなんですか?って自己嫌悪ですよ。

まずは、羽生さんを応援することを楽しめ。そして、羽生さんが楽しく(それは若手の新しい将棋に対応するのが厳しいってことや、年齢による衰えが辛いってことも含めて)イキイキと将棋を指してると信じろ。

そうだ!

 

ということで、もひとつ告白すると、竜王戦第1局前夜祭も、行かなきゃ後悔する!というか冥土の土産?と思って、参加しましたゾ。