読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散歩 その2

じぶん語り あれやこれやのこと

◆実は、方向音痴なのだ

二つの大きな通りが交差するところにある建物って、それぞれの通りに面して出入り口があるよね。2つとも同じような造りだから、入ったときとは異なる方から出ちゃう。自分が思ってる方向と90度違うわけですよ。それで歩き出しちゃうので、駅なんか絶対に見つからないわけです。
デパートで、隣のブロックに建つ別館が上の階の連絡通路で繋がっていることがある。本館と別館を行ったり来たりしながら買い物をして、知らず知らずのうちに別館から出ちゃったら、もうアウトだΣ(゚д゚lll)

太陽が見えてさえいれば大丈夫なのだ。ふむふむ、あっちが南ね。で、頭の中で地図を思い浮かべて、よし、こっちだ!ってわかるのです。しかし、天気が悪かったり夜だったり、あるいは周囲の建物に空が遮られている(往々にして都会はそういうところだったりする)と、無駄にグルグルしちゃうのである(>_<)

 

ああ、地図が読めない人っていう、アレでしょ?

ちがーう!地図は読めるのだ。上下逆さまにしようが、ちゃんと分かるんですよ。

 

◆肝心の自分がいる位置と向きが分からないのだ

それなのに、以前は果敢に散歩していたのだ。まあ探検、というか冒険だね。しかも、よりによって日曜日の夕方になると無性に冒険したくなる。

自宅から北の方向にあるエリアを目指す。あの辺でラーメンでも食べて帰ってこようっと!北に向かって歩き、途中で少しだけ西向きに進み、再び北に方向転換だ。

「あ、でもこの道、少しカーブしてるから修正ね。」

左の脇道に入ってみる。実はその時点でもうとんでもない方向に進路をとっていたりすることに、全く気づいていない。ぐんぐん歩く。

「アレ?おかしいな?」

下町の住宅街。大きな道もない。スーパーもコンビニもない。秋の日は釣瓶落とし。いや、冬だ。冬の日はかかと落としだ。暗い。家々の玄関先の住所表示のプレートもあるのかないのか、とにかく見えない。

「うーん。どこだここは?」

気が急いてしまって、200メートル歩いて右折、150メートル歩いて右折…というように、軌道修正の間隔が短くなる。どういうことになるか?そう、渦巻きの中心に向かって歩くことになる。これじゃいかん(><)と、今度は左に曲がってみるのだが、道がカーブしているのみならず、直角に交差していないせいで、軌道修正どころか、どの方角を向いているかさっぱり分からなくなっている。

自宅を出発してから1時間以上は経過している。本当は完全に迷い子なのだが、それを認めたらおしまいだ。あくまでも冒険がちょっと失敗しただけだよ。

「タクシーで帰ろっか?」

狭い路地だからタクシーなんて通らない。ってか、タクシーが通るような道ならば、現在位置のヒントになるようなものも何かしらあるはずだ。ってか、ラーメンはどうなったんだ?みんな家でサザエさんを観ているのか夕食を食べているのか、だーれも外を歩いていない。

「交番とかないの?マジここどこ?」

腹をくくって、ひたすら道なりに歩く。東京であれば、環状に大きな道路が走っている。

汗ばむほどの早歩きをしている…と、前方に近所の学校が見えてきた。毎日見てるのに、ああ何故かとても懐かしい(*´꒳`*)

しかし…自宅のすぐ南にある学校だよ?
もしかして、北を目指して出発して南から帰ってきたってことでいいのかな?

地球一周かっ!

 

そういえば、霊園に迷い込んだときは泣きそうになったなぁ(><)

 

まあ、こういうことが何度かあって、冒険するのはやめたよね。来た道を後戻りするという勇気ある撤退が自分にはできない。ちょっと曲がって修正!と思って墓穴を掘る。

 

◆今はタブレットスマホの助けがある

マップに現在の自分の位置が●で常に表示されているから、どこへでも行ける、というか、どこからでも帰って来られるようになった。先日だっていきなり護国寺に行けたのだ。なんの予備知識もなく思い立ったらすぐに旅に出られる。

いつでも冒険できる。いい時代になったよ。

飛行機たちの様子を見守ったよ

あれやこれやのこと

昨日の成田空港や羽田空港は風の影響で大変だったようだ。

 

◆まず、このホノルル発成田行きのチャイナエア(赤い飛行機のマーク)。

①画像の右端の海上でグルグルした後、着陸やり直し(あるいは、成田上空をパスって可能性もあるのだろうか?)のため海上に出て、房総半島を横断。羽田に向かうんだね。

f:id:gockie:20170221100128p:plain

②…と思ったら、そのまま西へ!そうか、セントレアに着陸か。

f:id:gockie:20170221100653p:plain

③…と思ったら、紀伊半島も横断してるよ!

f:id:gockie:20170221101738p:plain

…で、結局、関空に着陸しました。

 

他にもセントレア関空へと向かった便はいくつもあった。大混乱だよ。

 

◆海上に飛行機溜まりができていた。いずれも、羽田や成田への着陸待ちでグルグルしてたのだろう。

f:id:gockie:20170221103051p:plain

 

◆これは、つい先ほどの様子。普段はこんなふうに整然と一列に並んで、おりこうさんなんだよ。

f:id:gockie:20170221104256p:plain

 

なんか、日中は飛行機を生で観られるところに居て、夜は本屋さんで寝たい。

そんなことを思うのである。

吉池隆真君の2/19例会の結果です〜٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

将棋のこと

吉池隆真君の2級昇級以降の成績。

2/19の3局の結果を加えたのがこれ。         
●○●●○●●●●○●○●○●○○○●○○○●●○●○●○●●○●○○●●○●
●○○
↑↑↑

2つ勝ったよ。

※1級~5級は6連勝・9勝3敗・11勝4敗・13勝5敗・15勝6敗で昇級。

 

次は3/4だ。頑張れ〜٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

散歩

あれやこれやのこと

今日、茗荷谷駅近辺で時間を潰さなくてはならず、小日向を抜けて音羽に出てみた。かつて、この辺りには毎日のように来てた時期があったのだが、護国寺には一度も行ったことがないなぁ…ということで、行ってみた!

惜しいことに、ご開帳は毎月18日(><)。昨日だった。

f:id:gockie:20170219172943j:plain

本堂で参拝し、境内をウロウロした後、不忍通りから春日通りに入り茗荷谷駅に戻ってきた。1時間半ほどの散歩。

 

朱印帳を持っていけばよかったなぁ。

去年5月の天童での名人戦の翌日、ショックのあまりお寺に行ったことをこのブログに書いたが、その時の御朱印帳が、その後一度も使われないまま家にあるんだよ。

先月もたまたま通りすがりのお寺で、ああ、御朱印帳を持ってくればよかった(>_<)と思ったんだっけ。

突然お寺に行くことになっても大丈夫なように、カバンに常に御朱印帳を入れておくか?

竜王戦1組ランキング戦1回戦vs三浦さん、勝ちッ(*´꒳`*)

将棋のこと

羽生さんが勝って、あまりにも嬉しくてブログを忘れてたよ。

 

もう、なんと言うか、竜王戦はホント悔しいのだよ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

27期は1組優勝で本戦トーナメントも勝ち続けたが、最後、糸谷さんとの挑決3番勝負に敗れた(>_<)→糸谷さん挑戦で奪取!

28期もまたまた1組優勝で本戦トーナメントに出たが、破竹の勢いで勝ち上がってきた永瀬さんに負けた(>_<)

29期はランキング戦の初っ端で久保さんに負け、その後頑張るものの5位決定戦で豊島さんに敗れて本戦トーナメントに出られなかった(>_<) 

そして、今期!

何度も言うけれど、竜王あと1期!これで永世竜王・永世7冠なんですよ(´༎ຶོρ༎ຶོ`)。全力応援なんてもんじゃないよ。宇宙の神秘の力をバックに、全身全霊で祈るよ。

 

◆この日の対局は、三浦さん復帰戦ということで、奥さま向け番組やニュースで各テレビ局が報じていた。

NHKは、「不正の疑いがあるとして出場停止処分を受けたが、その後不正はなかったとされ、会長が引責辞任した」と、処分した連盟側に非があった旨がわかるような報道だった。他の局は、「不正の疑いで出場停止になり、その後証拠がないとされ、今日復帰」って感じでモヤ〜っとしてた。処分期間が終わったから今日復帰したとしか受け取られないなぁ。

コメンテーターが「告発した側が責められることがないように」という趣旨のコメントを発してた番組もあった。確かにその通り。告発者は守られるべきだと自分も思う。でも、同時に、冤罪で苦境に立たされた側の、棋士としての名誉はもちろん、人として尊厳や今後の生活も守られるべきだと思う。あと、告発から処分までのプロセスに問題があれば、そこは責められても仕方ない。

 

◆「会長が引責辞任」ということを以前からもっと積極的に報道してもらえていれば(つまり、連盟側から発信していれば)、「あ、あのスマホカンニングした人?へ〜無実だったのね?で処分した側が責任取って辞めたのね?濡れ衣はかわいそうだよね〜。」と、思ってもらえたはず。

谷川さんの辞任会見の最中でさえ、残念ながら辞任の理由が「責任を取って」から「体調不良のため」にトーンが変わってしまった。記者の質問に対してはっきりと「引責辞任」と言えなかったのには、どういう事情があったのだろう。谷川さん、辛そうだった。体調を壊すくらい悩んで辞める、つまり自分の身を切る選択をしたのだから、それを最大限に活かしてほしかった。

佐藤さんの就任会見は、「三浦さんの名誉回復に努める」とはっきり言ってくれてホッとした。

青野さんの発言は、谷川さんの辞任会見に同席した際と、佐藤さんの就任会見に同席した際とを比べると、(記者の質問に答えて)直接詫びるつもりはあるとわかった分だけ、若干良くなった。ただ、自分の目に届く耳に届くものだけが世間一般の評価だと思って、ことの重大性や連盟の責任の重さを過小評価してるのが心配だ。たとえば「臨時総会で若手の棋士から辞めろと言われたら辞める」…辞任動議の発議メンバーに若手棋士が含まれていないことで、ベテラン(引退も含む)棋士だけが体制批判してると勘違いしていた。若手が含まれてない理由を想像してみたらいいのに。もっとも、想像力が働くようなら、そもそも三浦さんにあんな処分は下さなかったか(>_<)

 

◆ニュースバリューとしては、会長交代よりも、やはり羽生さんとの「因縁の(なんの因縁なのか?かつて羽生さんの七冠の牙城を三浦さんが崩したってこと以外に、羽生さんも不正を疑った側であるという印象を持たせるような悪意を感じないでもないが…)対決」が大きいだろうから、この復帰戦の報道や生中継は最後のチャンスだったと思う。それを上手く活かせたかどうか…。

そんなこんなの対局は、びっくりするほど大勢の報道関係者が入って、特別対局室はぎゅうぎゅう詰めだった。佐藤会長が開始時にも終局後にも立ち会ったのは、連盟としての姿勢を示してくれたのだと思う。

羽生さんの初手の後、三浦さんの最初の着手まで間があった。顔をしかめて、何かをグッと堪えるような表情に見えた。泣けてきたよ。いや、ただ単に考えてただけなのかもしれないけど。

三浦さんは本調子じゃなかったかもしれない。ま、いつも本調子って棋士もいないしね。羽生さんだって今期は勝率5割台で、不調って言えば不調だ。でも、とにかく、息の詰まるギリギリの闘いを見せてくれて、何ヶ月か振りに集中して観戦できた。

 

次の2回戦の相手は郷田さん。いつになるのかな。待ち遠しい。

その前に、2/25の順位戦最終局がある。全力応援だ٩( 'ω' )و

朝日杯将棋オープン戦の準決勝・決勝戦、観てきたよ。

将棋のこと

開場は9時40分だというのに、家を出たのが9時30分だよ。朝は諸事情で5:40起きだったから、ヨユーだったはずなのだが…なぜだ?

有楽町駅からパチンコ店に挟まれた道を猛然と走って、10時ちょうどにマリオン11階に到着した。受付の前に列ができている。しばし並んで待つ。
解説会場のホールに入る前にチラリと対局室を覗いたが、残念なことにガラガラだった(>_<)
解説会場のステージ上には既に山崎さんや山口女流が立っていて、司会者が何やら説明している。席は結構埋まっていたが、一人なら身軽だ。空席をゲット。

 

準決勝のうち、広瀬さんと八代さんの対局が映され、解説される。村山さんと澤田さんの対局は棋譜だけがモニターされている。ダブレットの音を消してニコ生のサブ放送を並行して観る。

 

羽生さんが登場!

f:id:gockie:20170212091228j:plain

局面の解説や指し手の予想の合間にちょいちょい山崎さんが羽生さんに質問する。

どうやったら記憶力が高くなるかの質問に一生懸命答える羽生さん。
  羽生さん「…いや、これ、なんの話をしてるんでしょうかね(⌒-⌒; )」
  山口女流「あ、山崎先生が、覚えていられるように…です!」

AIか何かの話を振られて一生懸命に答える羽生さん。
  羽生さん「将棋と関係ない話をしてますが、いーんですかね(⌒-⌒; )」
  山口女流「山崎先生の通常運行です!」

山崎さんの当たって砕けろ?な質問と羽生さんの反応と山口女流のフォロー?が絶妙で面白かった。

羽生さんはお昼までのお約束だったようだ。

 

準決勝の2局はほぼ同時に終局。その後、ステージに対局者が登場して感想戦を行ってくれた。

席が空いたので前の方に移動。最後まで聞いていたら、完全にお昼ごはんに出遅れた。そのうえ、扇子なんて買っちゃって、トイレに行って…14時だ|( ̄3 ̄)|しかも、去年と同じお店で食べてるんですが。

他の方のツイートを見ると、既に佐藤会長が解説会場でお話ししているとのこと。焦る〜。

 

決勝戦開始2分前に対局室に入った。しばらく間近で観戦。

開始後数分で次々と人が出て行った。特別観戦席の椅子もいくつか空いている。なんかちょっと寂しい。もう少しここで観てよう…と。

 

村山さんの駒音は「カチッ」とやや大きめ。

八代さんは、音をなるべく立てないようにそっと置く感じで「ぺとン」。

 

立って見てる人は17、18名ほどか。まばらと言ってもいいくらいに少ない。でも、そんなことは対局中の二人の目には入らない。関係ない。

村山さんはNHK杯選手権者だ。朝日杯では去年もベスト4に入り、ここマリオンで準決勝を羽生さんと戦い、惜しくも負けた。今年は何としても優勝したいよ。

八代さんは東竜門の映像を見る限りでは、高見さんなどの同世代棋士と仲良しのイマドキの男の子って感じだ。22歳。後でご自身でも言っていたが、将棋会館以外で対局したことがない。この朝日杯の本戦1回戦・準々決勝が熊本で行われたのが、八代さんにとって公式戦の初めての出張だったかもしれない。
今日は将棋会館の外で、しかも公開対局で、そして決勝!でも、とても落ち着いている。

 

解説会場に戻ると佐藤会長も解説に加わっていて、まーた山崎さんが当たって砕けている。

佐藤会長が降壇し、澤田さんと交代。さらに広瀬さんと交代。

対局は八代さん優勢がしばらく続き、最後の方で村山さんが逆転できる?という局面になるも、一気に八代さんが勝ちに。

感想戦のために村山さんと八代さんがステージに登場してくれた。

 

表彰式で、佐藤会長が賞状を渡す。あ、これは会長として初めてか?

優勝者の挨拶が爽やかで、謙虚で、とてもよかった。

f:id:gockie:20170212091010j:plain

抽選に外れて色紙などはもらえなかったが、協賛の明治さんからヨーグルトドリンクR-11をもらえたよ。一日楽しめて、羽生さんと佐藤会長を生で拝めて、1800円。お得です。

 

来年も行きたいねぇ。

去年は何も買わなかったが、今年は扇子の他に図面用紙を買った。余分なます目に数字とアルファベットを書き入れたら、チェスに使える?

f:id:gockie:20170212115752j:plain

山崎さんと山口女流のコンビ、とてもいい。山崎さんは、本来の自分のしゃべり方ではなく、棋力が低い人でもわかるように言葉を選んでいて、時々、気を使いすぎて言い直しや付け加えているうちに話がごちゃーとなりそうになるのだが、山口女流が「先手の玉が、ってことですね?」とか。あと、山口女流は、対局者の家族が来場していることや八代さんが前日に下見に訪れたことなどを教えてくれたり。他の棋戦の聞き手の際にも「今日で○○先生は○○になられるそうです。」的に、事前の準備を怠らないのが伺えて、感心することが何度かあった。

もちろん、来年は羽生さんの対局を観たいのだ。

ビッグアイランドキャンディーズのビスコッティ

あれやこれやのこと

先ほど届きましたぞ。

 

ワイ島にあるビッグアイランドキャンディーズ

www.bigislandcandies.com

ここのビスコッティが好きだーーーーっ!

 

Amazonではショートブレッドの取り扱いはあるのだが、このビスコッティは買えないようだ。チョコレートがにゅるにゅると波型に飾られていて、温度に気をつけないといけないせいかもしれない。

そういう訳で、ビッグアイランドキャンディーズのサイトでオンライン購入するのだが、送料が高い。同じ送料内でなるべくたくさん送ってもらった方がいいのだが、かと言ってあまり多いと冷蔵庫に全部入りきらない。よって、夏場は無理。冬場、暖房の効いてない小寒いスペースに保管するに限る。

オンラインで注文すると、「送料が○○ドルかかりますが、それでよろしければ商品はただちに発送します。」ってメールを送ってくれる。

 

ビンボーなので、年に一度、冬場のこの時期の贅沢なのだよ。

 

今回は3種類を各2箱(1箱10個入り)、計6箱購入したよ。商品の値段と送料がほぼ同じ。

ホント写真撮るのヘタですみません(>_<)

f:id:gockie:20170207111742j:plain

 

これがもうね、コーヒーにひたして食べるのがやめられないわけです(*´∇`*)

f:id:gockie:20170207114138j:plain

あ、こうしてられない。急ぎお湯を沸かさねば、だよ。