読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『植物は〈知性〉をもっている』読みました(^ ^)

読み始めてからかなり経過してしまったが、ようやく読了した。

 

タイトルを見て、人間と同じように考えるとか、感情があるとか言っちゃって…マユツバモノ?スピリチュアル系?と誤解しちゃダメだ。
植物がどうやって生きているのかをざっくりとまとめていて、読みやすい。そういえば植物のことって動物ほどには知らないよなぁ、って人にうってつけだと思う。

そもそも、人間と同じような知性だけが知性なのか?知性って人間だけが持ってるものなのか?と問うところから、この本は始まる。
耳がない、鼻がない、口がない、脳みそがない、その場所から動かない…と、人間と同じかどうかを言い出したらキリがないくらい、植物の見かけや生き様はわれわれと大きく異なる。でも、知性を「外界の情報を受けとめて、問題解決に活かす能力」と定義すると、植物には知性があるのである…脳みそがなくても。

 

◆植物には、人間の視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚に相当する「感覚」がある(実はもっとある)

例えば、味覚。

人間は舌にある受容体で特定の化学物質(糖など)を捉え、味として認識する。

ふむふむ。そうだよね。糖のように体にとって大事なものは甘くて美味しいので、積極的に摂取する。そうやって、生きるために何を食べるかを選びとっていくんだよね。じゃあ植物は?

植物はほぼ全身に(特に根っこに)受容体があり、リンなどの大事な物質を検知する。で、このあたりの土はリンが豊富だぜーって判ると、根っこが何本も伸びてくるのだという。そうやって痩せた土地でも生き抜いていく。

他の感覚についても、専用の器官がなくても外部からの刺激を受け取っていることが説明され、ふむふむなるほど…となる。

 

◆自分の内部の情報伝達や、他の植物との情報の行き来がある

内部の情報伝達?は?神経とかないじゃん?

だーかーらー、専用の器官がなくてもいいのだ。使うのは維管束。

おう。理科の時間に習ったね。根っこが吸収した水や養分を上へと運ぶ管と、葉っぱで光合成して作られた糖を体のあちこちに運ぶ管の2種類があったね。これは動物の循環器に相当するものだ(ただし、心臓(=ポンプ)はない)。その管を電気信号が伝わるのだ。人間が電気信号と並行して化学物質(神経伝達物質)を用いるように、植物も水に溶けた化学物質が管を巡ることで、情報を伝えている。脳みそを経由しなくても、葉っぱから葉っぱへと情報は伝わるのだ。

他の個体、他の種類の植物にも、情報を伝えているとのことだが、その辺りはまだ研究データが少ないらしい。

 

◆動物のように狩だってする

食虫植物としてはウツボカズラが有名だが、それ以外にも昆虫を葉っぱの毒でまいらせて、葉っぱの上の死骸がポロっと地面に落ち、やがて養分として土中に染み込んだものを根っこが吸収する。自ら移動できなくても、飛んで火に入る夏の虫的に、いろんな手段で虫を誘い込み、栄養を得ている。

 

 

そんなこんなで、植物は、専用の器官がなくても様々な刺激を感じ取り、生き抜くための情報として活かしているのであるからして、「脳という器官がないから知性がない」とはもはや言えないのだ٩( 'ω' )و

と、まあ、だいたいこういう内容の本だ。確かに、植物スゴイよ!


あくまでも、知性を「外界の情報を受けとめて、問題解決に活かす能力」と定義した上でのお話で、植物だって数学の計算ができるとか作曲できるとか絵を観て泣くとか言ってるわけではない。
でも、あの日、進化の道のりの別れ道で動物とバイバイしてからの植物が、ただ突っ立っているだけの、ヘタすると生物と言えば動物を意味しちゃうほどマイナーな存在になってしまっていることへの愚痴があちこちに見られるのは面白い。

A級順位戦最終戦vs屋敷さん、(><)負けました

昨日のA級順位戦終戦

タブレットでAbemaTVを、PCでニコ生の解説番組と羽生屋敷戦を、スマホ名人戦棋譜速報を観た。

名人挑戦のためには、羽生さん自身が勝たねばならないし、森内さんには稲葉さんに勝ってもらわねばならない。前日のうちに買い物や洗濯などを済ませ、万難を排して観戦に臨んだよ。視聴予約していた「ブラタモリ」も「龍の歯医者」も「精霊の守り人」も、羽生さんが劣勢なら観てる場合じゃない。とにかく全力応援。

 

結果は羽生さんも森内さんも負けてしまい、稲葉さんが名人挑戦、森内さんがA級陥落。

いや、もうこれは仕方ない。こういう日は来るに決まってる。森内さんでなければ佐藤さんか屋敷さんが陥落だ。それだって悲しいことさ。誰かが挑戦して誰かが陥落する仕組みだよ。いや、頭では分かっているが…うてぃが…十八世名人がA級陥落(><)

 

でも、きっと森内さんは諦めてないよ。羽生さんだって。

散歩 その2

◆実は、方向音痴なのだ

二つの大きな通りが交差するところにある建物って、それぞれの通りに面して出入り口があるよね。2つとも同じような造りだから、入ったときとは異なる方から出ちゃう。自分が思ってる方向と90度違うわけですよ。それで歩き出しちゃうので、駅なんか絶対に見つからないわけです。
デパートで、隣のブロックに建つ別館が上の階の連絡通路で繋がっていることがある。本館と別館を行ったり来たりしながら買い物をして、知らず知らずのうちに別館から出ちゃったら、もうアウトだΣ(゚д゚lll)

太陽が見えてさえいれば大丈夫なのだ。ふむふむ、あっちが南ね。で、頭の中で地図を思い浮かべて、よし、こっちだ!ってわかるのです。しかし、天気が悪かったり夜だったり、あるいは周囲の建物に空が遮られている(往々にして都会はそういうところだったりする)と、無駄にグルグルしちゃうのである(>_<)

 

ああ、地図が読めない人っていう、アレでしょ?

ちがーう!地図は読めるのだ。上下逆さまにしようが、ちゃんと分かるんですよ。

 

◆肝心の自分がいる位置と向きが分からないのだ

それなのに、以前は果敢に散歩していたのだ。まあ探検、というか冒険だね。しかも、よりによって日曜日の夕方になると無性に冒険したくなる。

自宅から北の方向にあるエリアを目指す。あの辺でラーメンでも食べて帰ってこようっと!北に向かって歩き、途中で少しだけ西向きに進み、再び北に方向転換だ。

「あ、でもこの道、少しカーブしてるから修正ね。」

左の脇道に入ってみる。実はその時点でもうとんでもない方向に進路をとっていたりすることに、全く気づいていない。ぐんぐん歩く。

「アレ?おかしいな?」

下町の住宅街。大きな道もない。スーパーもコンビニもない。秋の日は釣瓶落とし。いや、冬だ。冬の日はかかと落としだ。暗い。家々の玄関先の住所表示のプレートもあるのかないのか、とにかく見えない。

「うーん。どこだここは?」

気が急いてしまって、200メートル歩いて右折、150メートル歩いて右折…というように、軌道修正の間隔が短くなる。どういうことになるか?そう、渦巻きの中心に向かって歩くことになる。これじゃいかん(><)と、今度は左に曲がってみるのだが、道がカーブしているのみならず、直角に交差していないせいで、軌道修正どころか、どの方角を向いているかさっぱり分からなくなっている。

自宅を出発してから1時間以上は経過している。本当は完全に迷い子なのだが、それを認めたらおしまいだ。あくまでも冒険がちょっと失敗しただけだよ。

「タクシーで帰ろっか?」

狭い路地だからタクシーなんて通らない。ってか、タクシーが通るような道ならば、現在位置のヒントになるようなものも何かしらあるはずだ。ってか、ラーメンはどうなったんだ?みんな家でサザエさんを観ているのか夕食を食べているのか、だーれも外を歩いていない。

「交番とかないの?マジここどこ?」

腹をくくって、ひたすら道なりに歩く。東京であれば、環状に大きな道路が走っている。

汗ばむほどの早歩きをしている…と、前方に近所の学校が見えてきた。毎日見てるのに、ああ何故かとても懐かしい(*´꒳`*)

しかし…自宅のすぐ南にある学校だよ?
もしかして、北を目指して出発して南から帰ってきたってことでいいのかな?

地球一周かっ!

 

そういえば、霊園に迷い込んだときは泣きそうになったなぁ(><)

 

まあ、こういうことが何度かあって、冒険するのはやめたよね。来た道を後戻りするという勇気ある撤退が自分にはできない。ちょっと曲がって修正!と思って墓穴を掘る。

 

◆今はタブレットスマホの助けがある

マップに現在の自分の位置が●で常に表示されているから、どこへでも行ける、というか、どこからでも帰って来られるようになった。先日だっていきなり護国寺に行けたのだ。なんの予備知識もなく思い立ったらすぐに旅に出られる。

いつでも冒険できる。いい時代になったよ。

飛行機たちの様子を見守ったよ

昨日の成田空港や羽田空港は風の影響で大変だったようだ。

 

◆まず、このホノルル発成田行きのチャイナエア(赤い飛行機のマーク)。

①画像の右端の海上でグルグルした後、着陸やり直し(あるいは、成田上空をパスって可能性もあるのだろうか?)のため海上に出て、房総半島を横断。羽田に向かうんだね。

f:id:gockie:20170221100128p:plain

②…と思ったら、そのまま西へ!そうか、セントレアに着陸か。

f:id:gockie:20170221100653p:plain

③…と思ったら、紀伊半島も横断してるよ!

f:id:gockie:20170221101738p:plain

…で、結局、関空に着陸しました。

 

他にもセントレア関空へと向かった便はいくつもあった。大混乱だよ。

 

◆海上に飛行機溜まりができていた。いずれも、羽田や成田への着陸待ちでグルグルしてたのだろう。

f:id:gockie:20170221103051p:plain

 

◆これは、つい先ほどの様子。普段はこんなふうに整然と一列に並んで、おりこうさんなんだよ。

f:id:gockie:20170221104256p:plain

 

なんか、日中は飛行機を生で観られるところに居て、夜は本屋さんで寝たい。

そんなことを思うのである。

吉池隆真君の2/19例会の結果です〜٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

吉池隆真君の2級昇級以降の成績。

2/19の3局の結果を加えたのがこれ。         
●○●●○●●●●○●○●○●○○○●○○○●●○●○●○●●○●○○●●○●
●○○
↑↑↑

2つ勝ったよ。

※1級~5級は6連勝・9勝3敗・11勝4敗・13勝5敗・15勝6敗で昇級。

 

次は3/4だ。頑張れ〜٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

散歩

今日、茗荷谷駅近辺で時間を潰さなくてはならず、小日向を抜けて音羽に出てみた。かつて、この辺りには毎日のように来てた時期があったのだが、護国寺には一度も行ったことがないなぁ…ということで、行ってみた!

惜しいことに、ご開帳は毎月18日(><)。昨日だった。

f:id:gockie:20170219172943j:plain

本堂で参拝し、境内をウロウロした後、不忍通りから春日通りに入り茗荷谷駅に戻ってきた。1時間半ほどの散歩。

 

朱印帳を持っていけばよかったなぁ。

去年5月の天童での名人戦の翌日、ショックのあまりお寺に行ったことをこのブログに書いたが、その時の御朱印帳が、その後一度も使われないまま家にあるんだよ。

先月もたまたま通りすがりのお寺で、ああ、御朱印帳を持ってくればよかった(>_<)と思ったんだっけ。

突然お寺に行くことになっても大丈夫なように、カバンに常に御朱印帳を入れておくか?

竜王戦1組ランキング戦1回戦vs三浦さん、勝ちッ(*´꒳`*)

羽生さんが勝って、あまりにも嬉しくてブログを忘れてたよ。

 

もう、なんと言うか、竜王戦はホント悔しいのだよ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

27期は1組優勝で本戦トーナメントも勝ち続けたが、最後、糸谷さんとの挑決3番勝負に敗れた(>_<)→糸谷さん挑戦で奪取!

28期もまたまた1組優勝で本戦トーナメントに出たが、破竹の勢いで勝ち上がってきた永瀬さんに負けた(>_<)

29期はランキング戦の初っ端で久保さんに負け、その後頑張るものの5位決定戦で豊島さんに敗れて本戦トーナメントに出られなかった(>_<) 

そして、今期!

何度も言うけれど、竜王あと1期!これで永世竜王・永世7冠なんですよ(´༎ຶོρ༎ຶོ`)。全力応援なんてもんじゃないよ。宇宙の神秘の力をバックに、全身全霊で祈るよ。

 

◆この日の対局は、三浦さん復帰戦ということで、奥さま向け番組やニュースで各テレビ局が報じていた。

NHKは、「不正の疑いがあるとして出場停止処分を受けたが、その後不正はなかったとされ、会長が引責辞任した」と、処分した連盟側に非があった旨がわかるような報道だった。他の局は、「不正の疑いで出場停止になり、その後証拠がないとされ、今日復帰」って感じでモヤ〜っとしてた。処分期間が終わったから今日復帰したとしか受け取られないなぁ。

コメンテーターが「告発した側が責められることがないように」という趣旨のコメントを発してた番組もあった。確かにその通り。告発者は守られるべきだと自分も思う。でも、同時に、冤罪で苦境に立たされた側の、棋士としての名誉はもちろん、人として尊厳や今後の生活も守られるべきだと思う。あと、告発から処分までのプロセスに問題があれば、そこは責められても仕方ない。

 

◆「会長が引責辞任」ということを以前からもっと積極的に報道してもらえていれば(つまり、連盟側から発信していれば)、「あ、あのスマホカンニングした人?へ〜無実だったのね?で処分した側が責任取って辞めたのね?濡れ衣はかわいそうだよね〜。」と、思ってもらえたはず。

谷川さんの辞任会見の最中でさえ、残念ながら辞任の理由が「責任を取って」から「体調不良のため」にトーンが変わってしまった。記者の質問に対してはっきりと「引責辞任」と言えなかったのには、どういう事情があったのだろう。谷川さん、辛そうだった。体調を壊すくらい悩んで辞める、つまり自分の身を切る選択をしたのだから、それを最大限に活かしてほしかった。

佐藤さんの就任会見は、「三浦さんの名誉回復に努める」とはっきり言ってくれてホッとした。

青野さんの発言は、谷川さんの辞任会見に同席した際と、佐藤さんの就任会見に同席した際とを比べると、(記者の質問に答えて)直接詫びるつもりはあるとわかった分だけ、若干良くなった。ただ、自分の目に届く耳に届くものだけが世間一般の評価だと思って、ことの重大性や連盟の責任の重さを過小評価してるのが心配だ。たとえば「臨時総会で若手の棋士から辞めろと言われたら辞める」…辞任動議の発議メンバーに若手棋士が含まれていないことで、ベテラン(引退も含む)棋士だけが体制批判してると勘違いしていた。若手が含まれてない理由を想像してみたらいいのに。もっとも、想像力が働くようなら、そもそも三浦さんにあんな処分は下さなかったか(>_<)

 

◆ニュースバリューとしては、会長交代よりも、やはり羽生さんとの「因縁の(なんの因縁なのか?かつて羽生さんの七冠の牙城を三浦さんが崩したってこと以外に、羽生さんも不正を疑った側であるという印象を持たせるような悪意を感じないでもないが…)対決」が大きいだろうから、この復帰戦の報道や生中継は最後のチャンスだったと思う。それを上手く活かせたかどうか…。

そんなこんなの対局は、びっくりするほど大勢の報道関係者が入って、特別対局室はぎゅうぎゅう詰めだった。佐藤会長が開始時にも終局後にも立ち会ったのは、連盟としての姿勢を示してくれたのだと思う。

羽生さんの初手の後、三浦さんの最初の着手まで間があった。顔をしかめて、何かをグッと堪えるような表情に見えた。泣けてきたよ。いや、ただ単に考えてただけなのかもしれないけど。

三浦さんは本調子じゃなかったかもしれない。ま、いつも本調子って棋士もいないしね。羽生さんだって今期は勝率5割台で、不調って言えば不調だ。でも、とにかく、息の詰まるギリギリの闘いを見せてくれて、何ヶ月か振りに集中して観戦できた。

 

次の2回戦の相手は郷田さん。いつになるのかな。待ち遠しい。

その前に、2/25の順位戦最終局がある。全力応援だ٩( 'ω' )و