読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『りゅうおうのおしごと』読んだぞー

えーんっ(>_<)

王座戦五番勝負第2局、羽生さん負けちゃいました。

朝、寝癖があまりにもバッチリ過ぎるのを見て、ちょっとヤな予感したんだよなぁ。羽生さんの寝癖は、軽くボサついてる程度で、あ、寝癖?くらいが、調子いいのかも。

天彦さんは、第1局と同様、夕方あたり、頭のてっぺんの毛を指先でクリクリして、ピンと立たせようとしてましたが、あれは、形勢が次第にはっきりしてきて、ここは考え所という局面で、頭のてっぺんから「気」を取り込んでいるのに違いないな。

天彦さんも素晴らしい棋士だから、もちろん活躍してほしい。でも、羽生さんが負けると、なんていうか、気分がドンヨリするわけですよ。もう、なんか、明日やだなぁ〜、よくないことが起きる気がする、つって。で、早く寝ちゃうでしょ。翌朝、あっ!しまった!◯◯やるの忘れてた〜((((;゚Д゚)))))))ってことになるんですよ。

だから、今日は寝ないよ。フテ寝なんてしないよ。

国会がエライことになってたとか、南米で地震があったとか、津波が1日かけてやってくるかもとか、大事なニュースを確認しなきゃいけないし、読みかけの本もあるし。

というわけで、昨日買った『りゅうおうのおしごと』は、今、読み終わったよ。

面白かった!

で、これは、続きがあるのかな?ネタが満載過ぎて、もう尽きてないか?あと、シャルロットちゃんは、フランス人学校の1年生ってことだが、師匠のお膝の上に座ったり、「しょーぎしゃちゅ(将棋指す)」なんてしゃべり方をするところが、2歳児なんだけど、そこは大丈夫なのか?

枕元にある読みかけの本

その1:『追風に帆を上げよ〜クリfフトン年代記第4部〜』(上下巻)/ジェフリー・アーチャー

まだあまり進んでない。

第3部から、ハリーとエマはもう年を取っていて、主役は息子のセバスティアンになっているよ。

その2:『人類資金7』/福井晴敏

ずーっと出るのを待ってたけど、延び延びになっていて、油断してる間に出てましたよ。そしたら、今まで出ていた1から6のボリュームを足し合わせて2で割ったくらいの長さだったよ。で、読み方が、アレだから。最初の方を読んで、最後の方を読みきって、少しずつ戻りながら半分くらいまできたら、また最初の方の続きを読む…だから、ところどころ読み残してると(⌒-⌒; )

で、何故、国連で演説する必要があったのか?なんかこじつけてるなぁ。

 

今夜中に読み終わるのは無理だな。