読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

棋聖就位式

将棋のこと

10/6の王座戦第4局は、羽生さんの勝ち。カド番をしのぎました。

さすがですよー*\(^o^)/*

そして、もう次の第64期王座戦の1次予選が始まっているのですね。同じ10/6、斎藤先生も勝ち。

10/9、日経ビジネスイノベーションフォーラムというのがあった。
開催の告知を見てすぐに申し込んだのだが、去年に続き、今年も抽選に外れてしまった。ついてないなぁ(´・_・`)

と思っていたら、その前日の棋聖就位式で、とても嬉しいことが起きたよーー!

次の一手クイズ

会場内の大盤(というほどの大きさじゃないな。中盤くらい?)を見て、ない知恵をしぼった。羽生さんがどう考えたかなんて、自分に分かるわけないんです。正統派羽生さんファンであれば、あー、あの局面ね。分かる分かる。てなものだろうが、自分はなにせ駒の動かし方しか分からないレベルである。うーんうーんと考えましたよ。
お、これは4五桂だ、と思い、受付時にもらった解答用紙をカバンからゴソゴソと出すと、なんだぁ、3択だぁ。そりゃそうだ。普通はそうだよねー。で、4五桂に◯つけて回収箱に入れた。なんか、正解なんじゃね?って気になってきましたよ。

いよいよ、お楽しみの正解発表。
おおっ!正解だ〜(^o^)/
次は、正解者の解答用紙が入った箱の中から羽生さん自らが10名を選び出すぞ。
どーゆーわけか、予感が確信へと変わっていく。
で、なーんと、自分の名前が読み上げられたよ!
羽生さん直筆の色紙を、手ずから頂戴しましたよ。もう、家宝です!

うんうん。そうだよ。この時のために日経ビジネスイノベーションフォーラムはハズレたんだよ。

 

羽生さんは、対局の間にも、たくさんのイベントに出演していて、スピーチやファンとの写真撮影で、すごく疲れるだろうなぁ。自分も写真撮影をお願いしたが、もうこれを最後にしようかな。でも、そんな気を使うことは羽生さんも望んでいないのかな、どーなのかな。あっ。あー。それもタイトルホルダーの務めですから。ええ。ええ。羽生さんにお祝いを言いたい、記念に残したい、って素直に思っていればいいのかな。