読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竜王戦ランキング戦1組vs久保さん、ま…負けました(T_T)

将棋のこと

昨日の羽生さんの対局は関西将棋会館で行われた。

負けちゃったよぅ(T_T)

そりゃそうだよなぁ。久保さんは、王将戦挑決リーグ戦と王将戦挑決プレーオフで続けて羽生さんに負けてるからね。何が何でも勝つ気でくるよ。短期間に羽生さんに3連敗なんて絶対にヤだろうし、久保さんの力を考えたら、それはないよなぁ。

対局の前日、地図を確認。
ふむふむ。ここからはほぼ西南西の方向だが、距離があるなぁ。1°ずれるだけでも、関係ないところに送られるゾ、気が。

来年こそ竜王戦挑戦者になって、もちろん奪取してほしいわけだが、そのしょっぱなの対局だよ。羽生さんは2年続けてランキング戦1組で優勝してるが、挑戦者にはなれていない。

 

決勝トーナメント出場への道のり

今回は優勝じゃなくてもいいよ。2位でいい。もっと言うと、1組から本戦トーナメントに出られる枠のギリギリの5位でもいい。1回戦で久保さんに負けても、決勝トーナメント出場者決定戦にまわって、1回戦に負けたもの同士のトーナメント戦で3回勝ち続ければいいのさ。もちろん大変だけど。2回戦で負けたら、同じく2回戦で負けたもの同士のトーナメントで2回勝ち続ければいいし、3回戦で負けたら、同じく3回戦で負けたもの同士で対局して勝てばいい。

 

挑戦者への道のり

f:id:gockie:20151216105021g:plain

これは去年の例だが、決勝トーナメントの左右の山は、違う形をしているよ。
左の山は、6組1位vs5組1位→勝者vs4組1位→勝者vs1組5位→勝者vs1組4位→勝者vs1組1位という勝ち抜き戦の形。1組5位が下の組の若手の壁となるかどうか、ハラハラするよ。
右の山は、1組2位3位、2組1位2位、3組1位と、力が拮抗してる(ような気がしないでもない?)中堅同士の戦いだ。
左右の山の頂点同士の挑戦者決定戦三番勝負を征して、ようやく竜王に挑戦できるのだ。はー、厳しい。


自分としては、他は、もうね、いいです。竜王だけ。あと1期、竜王を獲ってほしいんだよ。

 

夜、棋譜中継を確認した。羽生さんは、力を出せる形には持っていけてないような?わからん。どこらへんが悪かったのか…今は考えたくない気分だよ。

そして、とても大事なことを忘れるところだったが、斎藤先生の対局も、同じく関西将棋会館で行われたのだ、2局。こちらは2局とも勝ち!朝日杯の本戦トーナメント出場、おめでとさんだ。羽生さんと当たるかも?