読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高級マンションに住んでると勘違いする夢〜同じ夢シリーズ9

高級かつ巨大な集合住宅群なのだ。パークコートナントカ的な。

敷地は広いよ。石畳を歩いて、何段かのステップを上がって、ようやくエントランスだ。

エレベーターに乗って、10階で降りる。
あれ?なんか違う?自分の部屋がないよ?
再びエレベーターに乗り、少し下の階で降りる。
連絡通路があって、別の棟に行けるはずなのだ。そちらは、レストランもあるショッピングエリアだ。
そうだ。外から入ってきて乗れるエレベーターとは別に、中に住んでる人しか使えないエレベーターがあるんだ。そっちのエレベーターに乗れば、連絡階で降りられるのか。
って、自分、ここに住んでないゾー!
ウロウロしてたら怪しまれるぅー((((;゚Д゚)))))))

一旦、外に出る。

あーあ。ここに住んでるんだったら良かったのになぁ〜。と、未練がましく、振り返る。

と、いきなり、空からの俯瞰。

自分の家はあの辺だよ…

っていうあたりで、モニョモニョっと夢は終わる。

 

変な夢。住んでるところをなんで勘違いするかな、自分(´・Д・)」