読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

王位戦七番勝負第2局、勝ちました(^O^)

自分が羽生さんを応援し始めた頃、たぶん、初めて意識して観たタイトル戦は、木村さんとの王位戦だったと思う。

この、1分おきに更新される静止画像が、いい味を出してるというか、結構な衝撃だった。不思議な世界。

木村さんとの番勝負は感想戦を観たいので、是非ニコ生で中継してほしいなぁと思うが、この静止画像もちょっとヤミツキになってしまったのだ。

 

今日は羽生さんが勝って、嬉しいしホッとしたが、木村さんが負けたのは悲しい。

 

木村さんと言えば、先日の広瀬さんとの叡王戦予選の感想戦が、スゴイのなんのって!たぶん、悔しい負け方だったのかな。

以下、溢れ出すおじおじのボヤキ

(負けてるとは思ってなくて、詰しにいこうかという手を指してた自分に)
「(既に)負けてんのか。じゃ、ただのオメデタイ人だったのか?」

「考え過ぎて不幸になる人なんだ。」

「(1五角なんて手を考えていたなんて)病気ですか、こーゆーの?」

「何の足しにもならない銀なんか打って、何やってんだって感じですよ。」

「つめたいんですよ、世の中。」

「そこら辺の石ころよりヒドイよっ。」

「それはプンプンしてますね。」

「将棋界厳しいよ〜。長くいればいるほど酷い目にあう。」

(3二銀のこと)「この銀、何ですかって。」

「おっさんの弱さ丸出し。」

「こうやって生きてきたもんで。」

「そもそも、ケチンボだから、しょーがないんだ。」
→以前も、ケチは幸せになれないって、ボヤいてたことあったよ。

「勝ちだと思って負けたんだからホントおめでたいなー。正月みたいな。」

「不幸は不幸のまま。」

「だめだよも〜神様仏様」

「いいとこばっかり見せつけられて。」

(最後の方で、勝ちの可能性があったと知り)
「勝ってたんじゃない?気づかなきゃよかった。マジっすか?そーかいなぁ。」
「なんだ勝ってんのかよヒドイねー。銀が悪手かーーヒドイねー。」

 

これで修造カレンダー的なものを作りたいよ。誰か作ってくれないかな?

先日の王座戦の挑戦者決定戦の糸谷さんも、「頭悪いですよねー」とか「病気ですねー」って、木村さん系統の自虐が炸裂。

若手棋士のタイトル挑戦が続く中で、木村さんが挑戦者になったのはスゴイことだと思う。相手が羽生さんでなければ、タイトルを獲ってほしいよ。

 

次は、8月1日の棋聖戦最終局。全力で応援すっぞー!