読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『昭和元禄落語心中(10)』読みました

本のこと

先日、ついに最終巻が出た。待ってたよ〜。

 

八雲師匠と小夏の関係がモヤァとしてたが、全体的に面白かったと思う。

 

マンガのストーリーと関係なく落語の内容をはさみ込むのは、これ以上は難しいのかな、と感じた。マンガで読む落語になっちゃってもいけないしね。

『三月のライオン』で、対局シーンが少なくて、一部の読者からは「将棋マンガじゃないっ!」って言われちゃうけど、これ別に将棋マンガじゃありませんけど?的な。これも、決して落語マンガってつもりで描いてるわけじゃないかもしれないので、余計なお世話か。

 

春以降、読書のペースがダダ下がりだな。読み終えていないのが溜まってきた。紙の本じゃないから、目に見えて邪魔にならないのが、良くもあり悪くもあり。コミックは一瞬で読み終えるんだが…

一度、ここにさらしてみるかな、読んでない本のタイトルを。いや、そんなことしても変わらないか(´・_・`)