読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフト指しの騒動(>_<)

なんだか、どちらも冷静に対応できてないなぁ(´・_・`)

 

告発の内容の信憑性、不正の証拠を示した上で、つまり、「君はもう言い逃れできないヨ」という態勢で聞き取りを行なったのか?

「疑われたまま対局したくない!」って言われる余地を残すような聞き取りだったのか?

 

前者なら、自ら休場するという選択肢を残してあげるのは温情と言える。三浦さんは(おそらく、弁護士さんの指示かもしれないが)、残念なことに、その温情に気づかずに墓穴を掘ったということになる。で、「不正について、これ以上の調査はしない」ということは、「出場停止中に身の振り方を決めなさい」ということなのだろう。 

後者なら(そもそも、三浦さんは「出たくない」と言うべきではなかったし、言われた方は「出ないなんてことおっしゃらずに、考え直して」となだめるべきだったのだが)、内規による厳格化実施前のこのタイミングで、出場停止の理由に不正の疑義の件は含めるべきでなかった。事実だからといってなんでもかんでもペラペラ発表すりゃいいってものではない。「休場したいと口頭で聞いたが、期限までに正式に届け出がなかったので、対局放棄と解釈した。タイトル戦に穴を開けられないので、処分した。」と言えばよかった。そして、「不正について、これ以上の調査をしない」というのは、疑いが晴れたとも晴れてないとも言ってないわけで、無責任。もし無実なのだとしたら、調査打ち切りは名誉回復の機会を取り上げられた状態。疑われた方が訴えを起こすしかない。

 

いずれにしても、つまり、本当に不正を行なったかどうかにかかわらず、三浦さんの棋士生命は終ってしまったと思う。この先、三浦さんはどうするんだろう?

 

ま、今後は、スマホは持ち込めないのだし、外出もできないのだから、対局相手からの告発だとか調査依頼だとかはなくなるはずだよね?堂々と離席して、堂々と人間に指せないような手を繰り出せるんだよね。つまり、羽生さんが自由に指せるってことだよね。気分転換の離席や人間離れした指し手のせいで不正を疑われてしまうようでは、棋士にとってもファンにとってもよろしくないからね。

 

全国各地の天才ちびっ子達が奨励会という厳しいところで鍛え上げられ、お互いを潰しあい、一握りの天才中の天才にしか手が届かない世界。それが棋士ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

…ってことなのに、世間一般の人は、なーんだよプロ棋士ってさぁ?って思うよね。本当に残念だ。残念すぎて、昨夜から今朝にかけて、たくさんつぶやいてしまったじゃないか。