読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『聖の青春』観ましたー

13時からの2回目を観てきた。

丸の内ピカデリーだっていうのに、何を思ったか東映丸の内に行っちゃったよ。おいおい。

 

12:30に開場するまでの間、入り口付近で並んでいたら、金井先生がいらしてるのを発見。

1回目を見終わったお客さんがドドっと出てきた。女性が多い。自分の後ろに並んでいた女性の二人連れの会話が耳に入る。

「女性ばっかりだね。」「マツケンのファンとかじゃない?」「うん。あと、将棋やってる人?村山さんのファンとか?」

なんかちょっとビミョーな(・・?)

 

入場してすぐにパンフレットを買い、トイレに行き、飲み物を買い、席に着く。

よしっ!準備オッケーだ。

 

f:id:gockie:20161119182525j:plain

 

上映前に30分間、舞台挨拶があった。思ったより長かったよ。舞台挨拶は、怪盗グルーで芦田愛菜ちゃんを観て以来、2度目。だから、10分15分程度なのかと思っていたよ。こんなにたっぷりとやってくれるもんなんだね。ありがたい。

 

映画は、当然、原作小説とは別物なので、比較するものではないと思うが、羽生さんとの関係を軸にした、わかりやすい仕立てだったと思う。

対局シーンや将棋会館の雰囲気など、細部にわたって本気でしっかりと作られていたと思う。

自分は、原作小説の中の、森師匠と大崎さんが公園で村山さんに遭遇した時のエピソードが好きだったのだが、残念ながらそれは映画には出てこなかった。

でも、逆に、原作にはない部分で、村山さんが羽生さんをどんだけ好きなんだよぅ?ってクスッとなるシーンもあったりして、面白かった。

 

映画の後は、大急ぎで帰宅して、『極秘打ち上げ会場から生中継』をニコ生で視聴。

 

これ、すごく面白いので、是非タイムシフトを観てほしいですよ。

佐藤康光さんが遅れてきた理由を「映画の後で吉野家で牛丼を食べていたので…」って、コラボしてる吉野家さんを立てて、どんだけオトナの対応だよ。さすがだよ。羽生さんも、映画の撮影について質問して、役者さんや監督さんに話を振ったりして。

そして、お食事の部屋の隣に、まさかの天カメ|( ̄3 ̄)|

村山さんと羽生さんの最後の対局の棋譜を、羽生さんご本人と佐藤康光さん、途中からマツケンさんと東出さんが(役とは逆を持って)並べてくれたよ。佐藤康光さんや羽生さんがちょっと解説をしてくれたりして、なんとまあ贅沢な!

 

で、今、ちくん先生のDeep Zen Goとの囲碁電王戦タイムシフト視聴中。結果はもう知っている。ちくん先生、勝ったんだよ。よかった。