読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AbemaTVの将棋チャンネル観たよ

将棋のこと

正直言うと、観る前はたかをくくっていたよ、AbemaTV。

でも、将棋CHオープニング記念放送はよかった。

 

まず、朝の対局開始前…

◆阿久津先生(以降、あっくん)と中村先生(以降、太地先生)による、4階対局フロアの案内!

どの部屋で誰の対局があるかを示す案内ボード。「長机」の表示は観戦記者が座るから長机を使う、つまり、観戦記が掲載されるっていう意味、「中継」表示は棋譜中継が配信されるっていう意味だということ。
電子機器を預けるロッカーや、3つの対局室のふすまが取り払われて大広間として使われている様、対局者の様子を撮るカメラや盤を真上から撮る天井カメラ。
普段は対局室だが今回は記者や検討する棋士たちが使う控室の中の様子。
などなど、カメラを入れてあますところなく案内してくれた。
あ、特別対局室は、専用のトイレのドアまで開けて映してくれた。

そして…

◆羽生さん登場!

はっきり言って、顔に疲れが出てました。元気がなかった。

f:id:gockie:20170201214943p:plain

でも、棋士が続々と将棋会館に到着して対局室に入っていく映像を見ながら、いろいろお話してくれたよ。駒の並べ方は皆さん大橋流と…あとはオレ流ですね、伊藤流の人は見たことないです…って、隣にいる鈴木大介先生が伊藤流だってのに(//∇//)

そして、昼食休憩開け…

◆あっくんと太地先生による戦法・囲いの講座

さらに…

◆山口女流による、1階販売部で売られている様々なグッズ・書籍・盤駒の紹介

◆室谷女流による、記者のコメント入力の様子や棋士の検討の様子のレポート

◆出演棋士女流棋士の1週間・1日の過ごし方の紹介

f:id:gockie:20170201212535p:plain

 

他にも、順位戦の仕組み…などなど、まるっと1日「プロの将棋ってこーゆーのですよ!」っていう、将棋やプロ将棋界を知らない人向けの懇切丁寧豪華絢爛超てんこ盛りな放送であった。

 

途中、渡辺さんが、他の対局の様子を観に来てた。膝立ちして覗きこんでた姿が妙にカワイかったんだけれど、よく考えたら渡辺さんの対局は大広間じゃなかったよね。壁向こうの特別対局室からやって来たんだね。

 

控室では、田中寅彦先生、村山ジメイ先生、勝又キョージュ先生、永瀬グンソー先生、飯島先生、伊藤真吾先生、佐々木勇気先生、佐々木大地先生など、棋士が次々と訪れて検討していて、形勢判断なども聞けて面白かった。棋譜コメント名物の「控室の悲鳴」はこういうところで起きるんだね。

 

解説・聞き手は、鈴木大介先生、あっくん、太地先生、鈴木女流、室谷女流、山口女流が交代で行ってくれた。解説上手・聞き手上手の総力戦!なんとも贅沢なことです。

f:id:gockie:20170201213142p:plain


画像もきれいだったし、途中途中で4局同時に対局者映像・盤面映像を観せてくれた。

f:id:gockie:20170201204946p:plain

そして、初手からふり返りのダイジェストでは、いつもの大盤解説だけではなく、手を指すところだけに編集した天カメ映像に解説をつけてゆくという親切設計!(知らないで観ると全部ノータイムで指した?って思ってしまうよ。)ニコ生の叡王戦で使われた電王盤は、いろいろな変化を検討しつつ解説するというのがよかったが、こちらのダイジェスト映像もなかなかよかったですぞ。

 

さて、昨日は残念なことに羽生さんの対局はなかった(対三浦さんは不戦勝)。でも、挑戦者と降級者が決まるか?ということで、否が応でも注目せざるを得ないのであったよ。稲葉さんが勝てば、最終局を待たずに挑戦が決まってしまうからね。いつもなら稲葉さんのことは応援するところだが、今回はダメ!羽生さんに挑戦者になってもらいたいのだから。

で、渡辺さんが、稲葉さんの攻めを巧みに粘り強く受け切って勝った。

広瀬さんと羽生さんが2敗、稲葉さんが1敗で、挑戦者決定は最終局に持ち越されたよ。うおおぉぉぅᕦ(ò_óˇ)ᕤ

そして、睡魔に負けて最後の佐藤さんvs深浦さんの終局を確認することなく寝てしまったが、佐藤さんが勝って、降級者の決定も最終局に持ち越されたようだ。

 

視聴者は50万人を超えていた。すごいね。

 

さて、今後の放送だが…。


これで無料(*´∇`*)と喜んではいけないんだろうな。

そのうち、CMが入るようになるのかな。ま、序中盤や食事休憩中はCMが入っても大丈夫そうだけど、逆にそういう時間帯は観る人も少ないだろうし、そもそもスポンサーがつくのかどうか(´・ω・`)詰むの?どうなの?っていう局面や投了の瞬間にCMが入ったら悲しい。

今日からは、銀河戦(といっても第20期。何年も前の)や講座がメインみたいだが、いずれも囲碁将棋チャンネルさんのコンテンツを買ってるんだね。将棋プレミアムとどう違うのか。あとは、ひふみんと藤井四段の対局(炎のナントカっていう企画)やB1順位戦最終局が予定されてるけど、ライブ放送は制作に相当のお金がかかるわけだし、来期の順位戦はどの程度放送されるのか気になるな。将棋プレミアムのように、夕方までは解説なしの流しっぱなしとか?たぶん有料化されるんだろうなぁ。将棋プレミアムが、あれで2000円(ゴールド会員月額)、500円(1day会員)だからね。

そうそう。王位戦番勝負を中継してくれたら嬉しいなぁ、有料でも。